にきびとさよならする方法

ニキビやしみ治療

タイミング

ニキビの治療法 美容皮膚科でニキビ・しみ治療をするのにベストな時期はいつでしょうか。

しみ治療にベストな時期があるなんて。
そう思われる方も多いでしょう。
でも 意外と関係あるんです。

まず、ニキビ・しみ治療は皮膚が少し薄くなるので、できれば
紫外線を受けにくい時期のほうがおすすめです。

紫外線

夏真っ盛りや、そのちょっと前あたりにはじめてしまうとお肌にも
ダメージを与えやすくなってしまうこともあります。

また、皮膚がうすくなっていることで、新たなシミを作ってしまう
可能性があるからです。

しみ治療に関わらず傷跡に紫外線は禁物です。擦り傷や切り傷なども
紫外線に当たることで跡になってしまいやすくなります。

これがシミ治療にも言えることなのです。ですから、比較的紫外線の
少ない時期がおすすめです。

シミ

しかし、紫外線対策を万全にして、日焼け止めなども
きちんと塗るのであれば、夏場でもできます。

レチノイン酸、ハイドロキノンを使ったものと、レーザーがあります。

効果大だがリスクも!レチノイン酸の肌への影響

レチノイン酸は、もともと人間の肌にも存在しているレチノール、
これはビタミンAのことなのですが、それが酵素の影響を受け酸化し
活性型になったもののことです。

レチノールは肌に対して様々な効果が期待できるとされています。

たとえば、肌の弾力を構成しているコラーゲンの生成を助ける効果やタ
タ ーンオーバーを促進し、しわや肌荒れを改善する効果、皮脂の過剰分泌を
抑える効果や保湿機能を高める効果などがその一例です。

そしてレチノイン酸になると、ビタミンAのおよそ50倍〜100倍もの
こうしたことに対する作用があるとも言われていますから、美肌ケアには
是非とも利用したい成分とも考えられます。

しかし現状、日本ではレチノイン酸は医薬品には利用されていますが、
化粧品やスキンケア商品には利用されていません。

それはひとえに、日本人の肌にはレチノイン酸は刺激が強過ぎるためです。
特に光にあたると分解されてしまうと言う不安定な性質上、日中、
紫外線にあたることによる皮膚荒れ、刺激性皮膚炎などのリスクが指摘されています。

ですからもし、レチノイン酸入りのスキンケアなどを利用したいとなった場合は
クリニックなどにかかる必要があります。

紫外線対策は万全に!

最近では1年中ニキビやシミの施術をするクリニックはたくさんありますが
肌のためを思うと、やはり時期は9月半ばくらいからのケアが
いいのではないかと思います。

1番良くないのは5月ですよ!紫外線が1番多い時期なのです。

とくに色の白い人は肌にダメージをうけやすく、かえってシミやそばかすが
増えてしまうそなので、しっかりと対策を考えてケアをしていきましょうね。

Copyright(c) 2011-2018 nikibi All Rights Reserved.