にきびとさよならする方法

ニキビやしみ治療

保険外になってしまう治療方法

ニキビの治療法最近、大人の女性を悩ませているニキビ、若い頃にできるものとは違って、原因も様々なものが複雑に絡み合っていることが多く、専用のスキンケアを使っても、繰り返し何度も同じところにできるなど改善が難しい場合があります。

ニキビが長く居座れば居座るほど、醜いニキビ跡となって消えずに残ってしまうことにつながるので
早期に美容皮膚科でニキビ治療を受けることをお勧めします。

調査から分かる日本人女性の美白意識と対策

「色白美人」という言葉があるように、白く透明感がある肌は
日本人女性にとって美人の条件となっています。

紫外線が肌に及ぼす影響が語られるようになり、
毎年多くのUV対策製品が発売されていますね。

2015年調査のアンケート結果によると、72%の女性が1年のうちに
何らかの美白ケアをしたと答えています。

また、同調査で95%の女性が何らかのUVケアをしており、
その大半が春までに始めることがわかりました。

UVケアをしている女性がもっとも多く使用しているのは
化粧下地(SPF付き)で、72.2%にのぼります。

ここから、日本人女性は美白に対する意識が高く、紫外線対策に敏感であり
多くが紫外線の強まる季節を認識していることがわかります。

美白意識の高まりによって、SPF付きの化粧下地を
使用している女性が多いのでしょう。

UV対策と美白ケアを通して日本人女性が白く美しい肌を目指すことに
高い関心を寄せており、その関連商品はこれからも需要を増していくことが
予想されます。

病院で

にきび治療って具体的にどんなもの?

クリニックでのニキビ治療は、皮膚科医が患者さんの肌を
じっくりと診察したうえで治療法が選択されますが、
炎症しているニキビができている場合は
抗生物質などの内服薬を処方されることもあります。

また、自宅で使用する塗り薬やローションなどが処方されることもあり、
これらは保険内治療となります。

医者

しかし、美容皮膚科では、今できているニキビをより早くなくすために、
レーザー照射やピーリングなどのニキビ治療を行うこともあります。

こういった特殊な施術は、保険外治療になることが多いです。

保険外なので費用はかかりますが、ニキビ跡が残らないようにするためには
最適な治療なので、積極的に受けましょう。

Copyright(c) 2011-2018 nikibi All Rights Reserved.